お墓参りでお供えする花はコレ!?NGな種類はあるの?

お世話になった故人に会いに、お墓参りに行きましょう。

お彼岸には、故人もきっと貴方の元気な姿に会えるのを楽しみにしているはずです。

そこで気になるのがお供え用のお花です。

どんなお花をお供えしたら良いのか、逆にお供えしてはいけないお花はあるのか、分からないと思います。

ですので、今回は、お供え用のお花について解説していきます。

Sponsored Links

おすすめの花はコレ!?

普通の花束と違って、お供え用の花束は「仏花(ぶっか)」として販売しています。

そちらを利用するのが簡単で間違いは少ないのですが、まずはちょっとだけ、色にこだわってみましょう。

亡くなってから49日までは、を基調とした落ち着いた色味がいいです。

49日以降はカラーバリエーション解禁です。

白、黄色、紫、赤、ピンクの5色が主流。

青系も悪くありません。

派手で明るくてもいいので、故人の好きだった色を選ぶといいでしょう。

お花の種類では、菊はお供えの代表的なお花ですから間違いはありません。

その他に、

  • カーネーション
  • アイリス
  • キンセンカ
  • リンドウ
  • ユリ
  • グラジオラス

なども人気のお花です。

お花を選んだら、形を全体がひし形になるように整えますが、これはお花屋さんに頼めば作ってくれます。
 

お供えする花にタブーや決まりはある?

image1

基本的にどんなお花でも構いませんが、注意点もあります。

先述もしましたが、49日までは色が派手な花は無礼とされます。

故人よりも、遺族としてはまだ悲しみの期間です。

喪に服している49日までは派手な色、行いは避けていますから、それに周囲が配慮することは大事です。

旧家の法要などではローカルなルールも存在していたりします。

そんな場所にそれに反したお花を持っていくと当然他の方から反感を買う羽目になりかねません。

事前に確認できればしておいた方がいいのですが、それが無理なら、公の場所では、仏花を選んで持っていくのが無難でしょう。

Sponsored Links

お供えするのを控えたほうが良いお花は?

あまりお勧めできないお花もあります。

  • トゲがある:バラやアザミなど(ただし、トゲを全て切断すればOK)。
  • ツルがある:ツルは邪魔です。
  • 毒がある:彼岸花など。
  • ニオイが強い:虫が寄ってきます。
  • 花粉がつく:花粉を取らないままのユリ、服だけでなく、墓石も汚し茶色いシミになる。
  • 傷みやすい:あっという間に傷むお花は、腐ってしまうと墓石を汚します
  • 散りやすい:同様に墓石を汚しやすいですし、あとの掃除も大変です。

お墓参りでは、地域や宗派の風習、習慣もありますし、一概にこれがダメですとは言えませんが、お墓を管理されている方や、私たちの後にお墓参りしてお墓を綺麗にされる方のことも考慮して、お花はお供えするようにしましょう。
 

金額の相場はどのくらい?

これは、仏花として販売されているセットの花束の価格相場ですが、300円から800円くらいになります。

自分で作るとしても、1000円くらいまでが相場と考えてよいでしょう。

2000円までかけると、実際場違いな感じがします。

下手にお金をかけた花束を持っていっても、「常識知らず」と取られかねませんから、お花はほどほどが丁度良いのです。

金額よりも、大事なのは気持ちです。
 

お墓参りの時に知っておくべきマナー!

470380

最後に、お墓参りの際に、気を付けておきたいマナーについてまとめておきます。

・お参りの時間帯は基本的に霊園の開園時間中ならいつでもOKです。

ただし、お墓参りの際には、お参りする故人のお墓周りを掃除しますから、日中なるべく早い時間帯が、掃除がしやすいので理想です。

逆に遅い時間であっても、掃除をしないのはマナー違反ですね。

服装はなんでもOKです。

お墓参りは掃除が付き物なので、動きやすく多少汚れても構わない程度の普段着の方がかえって良いでしょう。

ただ、なんでもいいからと、派手すぎたり、だらしなさ過ぎたりしたら、故人や遺族に失礼ですよね。

常識はわきまえましょう。

・お線香の火はあおいで消しましょう。

口から息をフーっと吹きかけて消すのはタブーのレベルです。

・お供えしたお花は持ち帰らない

これは当たり前ですが、稀に霊園の決まりで持ち帰らなければいけない場合もあります。

・お供えした果物やお菓子などは必ず持ち帰る。

置いて帰ればカラスや虫にやられて周囲はとてつもなく汚れます。

・上記で持ち帰る食品は、必ず食べる。(持ち帰った後でも、現場でもどちらでも)

捨てたら勿体ないです。

・お花のお供えや、お墓の拭き掃除に持っていったお水が余ったら、その辺にまいたりせず、

水場まで持ち帰って捨てましょう。

お墓参りは、決まりが有るような、無いような、少し難しいですね。

でもこのしきたり的な流れを踏まえることが、故人に礼を尽くすことでもあります。

そして不思議と、お墓参りの後は清々しい気持ちになっていたりします。

故人が私たちを守ってくれているのだと思い、感謝して今を生きていきましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)