赤ちゃんのための暑さ対策!!涼しくなるおすすめのグッズ!?

30度を超える日が増えてくると、赤ちゃんがいるご家庭では色々と悩みますよね。

「私たちは家で暑いと冷房付けるけど、赤ちゃんにとってはどうなのかしら?」

「買い物とかで外に連れていく時、うちの子が熱中症になるのは避けたい・・・

でもどうしたらいいの?」

今回はそんな「赤ちゃんの暑さ対策」への疑問にお答えし、快適に過ごせる方法をご紹介していきます。

Sponsored Links

家の中での暑さ対策!

「クーラーって赤ちゃんに使っても大丈夫?」と思われる方もいるでしょう。

しかし、夏は最高気温が35度を超えたりすることもしばしば。

そうなると、クーラーをつけないと熱中症になり、命の危険があるかもしれません。

赤ちゃんがいても、我慢せずクーラーをつけましょう

クーラーの気温設定は省エネ温度である28度で。

電気代もそこまでかからなくてすむし、何より赤ちゃんにとっては良い感じの温度になります。

ただし、クーラーの風は赤ちゃんに当たらないように気を付けてください。

赤ちゃんは、暑くなったらものすごく汗をかきます。

よく赤ちゃんや小さいお子さんが、あせもになってたりしますよね。

これは、幼いころの方が汗をたくさんかくからです。

汗をかいた時にクーラーが出す風に当たると、「涼しい!」と感じた事、ありますよね?

赤ちゃんはたくさん汗をかく分、冷風に当たると大人より涼しいと感じますし、それがずっと続いてしまうと風邪を引いてしまいます。

なので、クーラーの風は赤ちゃんに当たらないように気を付けましょう!

また、扇風機を使うのもおススメです。

ただし、扇風機もクーラーと同じ理由で、風を直接赤ちゃんに当てないようにしましょう!
 

寝る時の対策はコレ!

image1

寝る時は、クーラーや扇風機を使っても良いですが、猛暑の日は温度を高めに設定してつけっぱなしにするようにしてください。

タイマーをつけて急激な温度の変化があると赤ちゃんの眠りを妨げることになります。

ただ、そこまで暑くならない日や朝は涼しい時期はタイマーで2~3時間後には切れるようにしておきましょう。

これはもちろん、赤ちゃんの冷え過ぎによる体調悪化を防ぐためです。

「でもそれだけじゃ、赤ちゃんは暑くて目が覚めちゃうんじゃ?」と思われる方もいるでしょう。

そんな時は、赤ちゃんに大人用に冷却枕パッドを使ってあげると良いでしょう。

大人にとっては枕の大きさですが、赤ちゃんにとっては丁度全身が乗る感じの大きさになります。

また、ベビー用品店などで売られている赤ちゃん用の冷却敷きパッドなどを使ってあげると良いでしょう。

Sponsored Links

外出時の対策!!

外出時はベビーカーや抱っこひもなどを使って外出する方も多いでしょう。

まず、どんな形でも、赤ちゃんに帽子は忘れないようにしましょう。

外出する時に一番楽なのはベビーカーですが、ちゃんと気を付けないと赤ちゃんは大変つらい思いをします。

というのも、ベビーカーの中はもの凄く暑くなるからです。

夏は、気温も高いですが、それと同じくアスファルトの照り返しで更に気温が上がっています。

ベビーカーの中は、アスファルトの照り返しをまともに受けてしまうのです。

とある実験データによると、大人が歩いている高さの気温よりも、ベビーカーの中は3~5度くらい高い、という結果が出たこともあるらしいですよ!

なので、ベビーカーに赤ちゃんを乗せるなら、ちゃんとした暑さ対策をしなければなりません。

ベビーカーに大きめの日よけを付けることはもちろん、保冷材を首に巻いたり、冷感シートを敷いてあげると良いですね。

抱っこひもの場合も、赤ちゃんに帽子を被せて、冷感シートや保冷剤を使うと良いと思いますよ♪

赤ちゃんの暑さ対策、おススメグッズ

ここまでいろんな場面での対策や、その時に使えるグッズを書いてきましたが、ここでおススメグッズをまとめたいと思います!

まずは、赤ちゃん用の冷感シートです。

 

これはチャイルドシートやベビーカー、頭の部分を取り外せば抱っこ紐でも使えるひんやりシートになります。

紐でつけるため簡単にベビーカーに取り付けることができます。

また、家の中では寝るとき下に敷いたり、枕代わりとして使用できます。

ただ、ベビーカーで子供が大きくなると背もたれを使わなくなって、冷たい部分が当たらなくなる事があるので注意が必要です。

次に、赤ちゃん用の保冷剤です。

 

これは赤ちゃん用の保冷剤で固まらないジェルタイプになっています。

カチコチだと冷やしづらい首まわりや関節の部分も、固まらないのでしっかり冷やすことができます。

もし、元々家にある保冷剤を使うのなら、保冷剤を直に赤ちゃんに当てるのではなく、ちゃんとハンカチやタオルなどの布で巻いた状態で当ててあげると良いでしょう。

その時、当てる場所としておススメなのは首回りです。

首回りには太い血管が通っており、そこを冷やすことで体温を下げることができるからです。
image2

最後に

これは主に外出時ですが、ひざ掛けや赤ちゃんが羽織れる洋服です。

「暑さ対策なのになんで?」と思われるでしょう。

外は暑いですが、お店の中に入ると冷房が効いていることって、ありますよね。

最初は「あー涼しい…」と思っていても、そのうち「ちょっと寒い…」と思ったことがあるのでは?

そんな時、赤ちゃんにさっと被せてあげたり、羽織らせてあげるものがあるといいですね!

赤ちゃんへの水分補給に気を付けながら、家の中でも外でも快適に過ごさせてあげたいですね!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)