オープンキャンパスに一人は目立つ!?一人の参加者はいるの?

夏休みになると、いよいよ受験気分が湧いてきますね。

これまでの進学と違って、4大、短大、さらに専門学校と、選択の幅が広がります。

さらに県外も視野に入れて、となると、迷うのは当たり前です。

そこで目安になるのが、オープンキャンパス

ほぼすべての大学、短大、専門学校で、校内を開放し、受験生に肌で学生生活を感じてもらうため開催しています。

大学構内の施設の案内はもとより、模擬講義やサークル案内、学生課職員との質疑応答など、これから必要になる情報を手に入れることのできる、チャンスです。

大学構内に立ってみて「ここの学生になる」というモチベーションが高まれば、受験勉強にも力が入るでしょう。

ぜひ、参加してください。

ただ、同じ大学を志望している友達がいないと一人で参加しても大丈夫なのか?って思いますよね。

Sponsored Links

一人で行っても大丈夫!!どのくらい一人はいる?

基本的に、大学、あるいは専門学校側は一人を基本にしています。

大勢で来られても応対に困ります。

また質疑応答も個人対個人を想定しますので、大学サイドとしては、事前申し込みも一人になります。

また、高校生にもなれば一人で行動するのは当たり前で、同じ大学を志望する友達がいないというケースはよくあるので一人で来ている人はたくさんいます。
251320
そうは言っても、やはり「見知らぬ世界」へ、一人で足を踏み入れるのは心細いことです。

女子大や女子学生に人気の大学は、友達同士、同じ日に申し込んで一緒にというケースは、多いですね。

競争率の高い大学は、当然、オープンキャンパスの参加希望者も多いので、なかなか友達同士のスケジュールが合わない事もあります。

こうしたところでは、単独参加が多くなります。

また、親御さんが、一人では行かせられない、と考える場合もあります。

学費や奨学金など親しか分からないことがありますよね。

そこで「保護者同伴」の申し込みを受け付けている大学もあります。

Sponsored Links

一人で行くメリットはこんなにある!!

一人なら、誰に気兼ねすることもなく、自分のスケジュールで自由に動けることです。

見たい所、聴きたい事、自分の好きなように、気のすむまで動けます。

おしゃべりに夢中になって「見るべきものを見逃した」とか、「友人の手前、奨学金のことを質問できなかった」などと後悔するようでは、せっかくの時間がもったいないことになります。

サークル見学でも、意見が分かれるでしょう。

普段友人に引きずられるようなタイプは、今度こそ、一人で行ってみてください。

また、友人と行くと、友人に遠慮して他の人に話しかけられることはありません。

でも一人で行けば、知らない人と友達になれるチャンスがあります。

あなたと同じように、一人で心細い思いをしている人と、意気投合するかもしれません。

まさに新しい世界が開けるチャンスかもしれません。

また、保護者同伴の場合、やはり親が主体になってしまう可能性があります。

親が質問したり、親が行きたいところ、見たい所が優先になりがち。

親のまえでは、遠慮して聞けないこともあります。

一人で行けば、だれにも気がねはいりません。
193334
何よりのメリット。

それは受験の緊張感の先取りです。

いくら友達がいても、試験を受けるときはたった一人。

ここで、何カ月後に、私は一人で試験に立ち向かうのだ」という臨場感を事前に肌で感じることは、とても大切。

友達と一緒では、その緊張感はありません。

ぜひ、安全を確認のうえ、単独参加をおすすめします。

それでも一人は不安、という方は複数回、足を運ぶ、ということも考えましょう。

3年生は今年限りです。

それでもオープンキャンパスの機会は何回かあります。

一回目は友人と。

でも次には一人で出かけましょう。

何回でも、できる限り足を運んで、「ここで何を学べるか、どんな生活を送れるか」と、自問自答してみてください。

また、1,2年生のうちからオープンキャンパスに参加、ということも考えてください。

「まだ早い」と思うかもしれませんが、時間に余裕のあるうちにいろいろな大学や専門学校を見ておいて、3年生で本命に絞って、単独見学。

これが理想です。

最後に

オープンキャンパスを意義のあるものにするために、参加したい大学や専門学校の概要や日程をしっかりチェックしてください。

事前申し込みが必要な大学が多くなっています。

手続きから、もう受験モードで手抜かりのないように、充実した訪問にしてくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)