足の臭いには重曹!!ミョウバンのほうが効果抜群?!

夏の暑い日や靴を履いて運動すると足って臭くなりますよね。

男性すら足が臭いと嫌な印象をもちますが、女性の足が臭いとなるとイメージが最悪になってしまいます。

また、仕事場でも足が臭くないか気になったり、友達の家に遊びに行ったりして靴を脱ぐ時なんかは大変ですよね。

今回はそんな足の臭いを消すために重曹が効くのか、ミョウバンを使ったほうが消えやすいのか、など足のニオイを消す一番良い方法をご紹介します。

ただ、ニオイを消す方法の前にどうして臭くなるのか、原因を知っておくことが大切なので、ニオイの本当の原因から見ていきましょう。

Sponsored Links

誰も知らない足が臭い本当の原因

足が臭い本当の原因を知っていますか?

多くの人はあの足のニオイは汗によるニオイだと勘違いしています。

私も夏になって靴の中が暑くなって汗が大量に出ることによって臭くなると勘違いしていました。

しかし、いろいろと調べてみたら汗は99%が水分で無臭ということがわかりました。

では、臭い本当の原因はなんなのか、それは細菌による角質や皮脂の分解による臭いなのです。

足の裏には汗腺というとものがあり、汗がかきやすくなっています。

その汗が足にある角質や汚れ、脂などを流して細菌の餌となって足にある細菌が分解します。

その分解の時にできる分解物があの嫌なニオイを出して足が臭くなってしまいます。

では、どうしたら足のニオイを防げるのか?

それは・・・

  • 足のニオイの原因物質を作っている細菌を殺菌する
  • 細菌が作った足の臭いの原因となっている物質をなくす

 
の2つです。

重曹でスッキリ臭わない足に!!

足の臭いの主な原因になっているのは、脂肪酸などの酸性の物質です。

これらの物質は足にある細菌が足の脂や角質を分解したときにできる物質です。

そもそも重曹は炭酸水素ナトリウムと言って、弱アルカリ性の物質です。

なので、酸性の物質とアルカリ性の物質が中和することによってニオイの元となる酸性の物質をやっつけてくれます。

それで足のニオイがなくなるということなんです。

ですので、足に重曹をつけるだけでニオイを簡単に消臭することができます。

おすすめの重曹の使い方

4aff41d6a45e214414f79a147213b9c9_s

➀重曹で足湯

  • 42度くらいの温かいお湯を洗面器に用意する
  • 重曹を大さじ2,3杯入れる
  • よくかき混ぜる
  • 10分から15分足を浸ける

この時にニオイの原因となる物質は足の裏に多くいるので、足の裏や指の間など揉んであげるとさらに効果抜群になります。

➁スプレーで足に重曹

  • 100均などで空のスプレーを準備
  • スプレーの半分くらいまで水を入れる
  • 重曹をおおさじ1杯分入れて、よく振る
  • 残り半分の水をいれる
  • 2,3回足にシュシュっと

スプレーの場合は持ち運びが可能なので足のニオイが気になったら、外でも簡単にできます。

Sponsored Links

重曹よりミョウバンのほうが効果抜群って本当?

足のニオイの原因は足にいる細菌が脂や角質などを分解し、その分解でできた物質がニオイの元となっています。

ですので、その細菌自体がいなくなればニオイがなくなるということです。

ただ、重曹はあくまでニオイの元となっている物質をやっつけるだけでニオイの物質を作っている細菌をやっつけることができません。

そこで、ニオイの原因物質を作っている細菌をやっつけるのがミョウバンです。

ミョウバンは、ミョウバンと水を使ってミョウバン水を作って足に使用するのですが、そのミョウバン水には細菌をやっつける殺菌効果があります。

また、ミョウバン水には汗をかきにくくする効果もあり、足のニオイを抑えるのに最適です。

091957

ミョウバン水スプレーの作り方

  • 焼きミョウバンを50グラム、水道水、1.5mlのペットボトル、スプレーを用意
  • (焼きミョウバンはスーパー、スプレーは100均などで買えます)

  • ペットボトルに水を入れて、焼きミョウバン50グラムを入れる
  • よくかき混ぜる
  • 透明になるまで待つ
  • 水で20倍まで薄めスプレーに入れる
  • 足にシュシュと2,3回かける

作ったばかりだと白いと思いますが2、3日置いておくとミョウバンが水に溶けて透明になります。

透明なミョウバン水になったら完成です。

透明になるまでは日の当たるところではなく冷たくて暗いところのほうがいいです。

また、完成したら冷蔵庫に保管するようにしてください、それで1か月くらいは使用できます。

ただ、これはまだ原液なので使用するときには水で薄めていきます。

足に使う場合は、使う量の20倍の水を入れて使用するようにしてください。

他の効果的な方法で足の臭いを!

a7b2b37b19d69afbcc01f1f704164a0d_s

➀10円玉を使う

銅には銅イオンがあり、その銅イオンはバクテリアなどのニオイの原因となる細菌の殺菌効果があります。

使い方は靴の中に10円玉を3,4枚入れておくだけです。

私も足が臭すぎて10円玉を10枚入れていましたが、入れすぎて靴が銅臭くなってしまいました。

3,4枚だったら効果があるので、入れすぎには注意しましょう。

 

➁ティーツリーオイル

ティーツリーは消毒、殺菌効果があると言われているアロマオイルでいい匂いがするのも特徴です。

使い方は・・・

  • 直接、靴やブーツに1滴たらす
  • ティーツリーをティッシュに垂らし、靴の中に長時間入れておく

の2種類があります。

 

➂パセリ

あまり知られていませんがパセリにはクロロフィル・フラボノイドという成分があり、防臭効果、消臭効果があります。

使い方は・・・

  • ガーゼにパセリを切ったものをはさむ
  • 水をすこし含ませて、揉む
  • 足に塗って乾かす

です。

➃お酢

酢のクエン酸という成分には殺菌効果があります。また、バクテリアなどの足のニオイの原因となっている殺菌の繁殖を抑える効果もあります。

使い方は・・・

  • 洗面器に40度くらいのお湯を入れる
  • コップの1杯分くらいのお酢を入れる
  • 10分から15分くらい足湯をする

です。
 

まとめ

足が臭い原因は、汗によって角質や汚れなどが流れ、細菌がそれをエサとして食べて分解するときにできる分解物なので・・・

  • 足のニオイの原因の物質を作っている細菌を殺菌する
  • 細菌が作っている足のニオイの原因となっている物質をなくす

の2つをすると足が臭いのが治ると説明しました。

それで、重曹はニオイの原因となっている物質と中和させてなくす、ミョウバン水はニオイのもとの物質をつくる細菌をやっつけってニオイをなくすでしたが、

どちらの方法も片方だけでは完璧にニオイの原因となっている細菌や物質をすべてなくすことはできません。

なので、その2つの方法をやることで効果は2倍になります。

両方行えば、より足のニオイをなくせるのでぜひ、2つの方法を実践してみてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)