栗はダイエットに効果抜群!!食べ方によっては太ってしまう!?

Sponsored Links

秋の味覚の一つであるは、スイーツとしてとても人気ですよね。

あの優しい甘さは老若男女に愛されています。

また、栗ごはんもいいですね。

ホクホク美味しくって、食が進みます。

つい食べすぎてしまって、秋は体重増加がいつも心配です。

でも「栗はダイエットにいい」という巷の評判が耳に入ってきました。

甘くて、美味しいのに、ダイエットできる!?

今回はこの「栗ダイエット」についてまとめてみます。

Sponsored Links

ダイエット中に栗は太る?

太るのか、痩せるのか、答えはカロリーにあると普通は考えます。

少し大きめの栗1個のカロリーは平均25kcalほどです。

6個から8個食べると、ご飯一膳とだいたい同じカロリーという計算ができます。

カロリー、高いですね。

本当にダイエットにいいのでしょうか。

正直、過度な期待はしない方が無難でしょう。

少なくとも、食べ過ぎれば逆効果なのは明白です。

ただし、良い点もあるので、食べ方と食べる量を間違えなければ、痩せる可能性も出てきます。

「栗はダイエット食材だから、スイーツはモンブランケーキ!」

これではダイエットにはなりません!
463400

ダイエットに栗が良いと言われる理由!

カロリーとは、私たちの身体を機能させるためのエネルギーです。

このカロリーを消費することにより、人間は活動できるのです。

逆に、活動量が少なく、カロリーが余ってしまうと、つまりこれが肥満の原因になります。

カロリーは、炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質を摂ることで得られます。

特に、炭水化物はカロリーが高いので注意が必要です。

炭水化物の適度な摂取はエネルギー補充となり、疲れをやわらげたり、疲れにくくしたりする働きを持ちますが、摂り過ぎは肥満の素となりやすいです。

炭水化物にもいろいろあって、甘いものの糖も、主食のご飯のでんぷんもこれに分類されます。

今回紹介しています「栗」もでんぷんを主な成分とする食品です。

その「栗」がダイエット食材として注目されるのは、でんぷん質と、その他の栄養によるところが大きいです。

まず、同じカロリー、炭水化物であっても、ブドウ糖とでんぷんではその燃焼の仕方が違います。

砂糖菓子やジュースなどから得られるブドウ糖は一気に燃焼するので、疲れを取るのに向いていますが、一旦余剰が発生すれば、肝臓で中性脂肪に作り変えられて蓄積します。

でんぷんは、ゆるやかに燃焼するので持久力が向上し、燃焼がゆるやかな分、中性脂肪には比較的に変えられにくいと言えます。

同じ量であっても、余剰になりやすいか、なりにくいか差が出るのです。

栗のカロリーはでんぷんが元ですから、“余剰になりにくい”=“太りにくい”となります。

ただし、食べ過ぎればやはり余剰になるので、自制は大事です。

次に、炭水化物以外の成分ですが、注目すべきは、
262535
食物繊維
>血糖値の急激な上昇を抑える。コレステロールの排泄に必要。

不飽和脂肪酸
>体内に蓄積された中性脂肪を溶かし出す。生活習慣病の予防効果。

タンパク質
>筋肉の素で、エネルギー燃焼の土台を作る。

ビタミン
>糖とアミノ酸の代謝に効果あり

ミネラル
>高血圧予防。筋肉の収縮をスムーズにする効果あり。

となります。

上記を見ると確かにダイエット効果も期待できるようです。

Sponsored Links

ダイエットに効果的な食べ方!

栗と一口に言っても、

  • 天津甘栗などの焼き栗
  • 「甘栗むいちゃった」などのむき栗
  • 渋皮煮
  • 甘露煮
  • マロングラッセ
  • 栗きんとん
  • 栗ごはん

などがありますが、ダイエットには

  1. 栗ごはん
  2. 天津甘栗などの焼き栗
  3. 渋皮煮

の3点をお勧めします。

栗ごはんは、食物繊維の効果で腹持ちがかなり良くなります。

つまり、満腹感が持続するので、ゆっくり食べれば総量が減ってきます。

逆に、ご飯も食べて、プラス、スイーツとして栗を食べるのは、明らかに食べ過ぎです。

天津甘栗などの焼き栗は、もちろん皮が残っていることが前提です。

皮をむきながら食べれば、ゆっくり時間をかけることになるので、満腹中枢が働き、少量で満足感を得られやすいです。
424387
また、食物繊維も焼き栗は多く含んでいるので、間食に食べるのであればこちらがいいでしょう。

渋皮煮は砂糖を多く使用しているので食べ過ぎ注意。

1日1個くらいを限度としますが、渋皮の成分「タンニン」が活性酸素を取り除き(デトックス)、美容効果が出てきます。

痩せるというよりは、綺麗になれる食べ方ですね。

老化防止にもなります。

他の食べ方が全くダメというわけではないのですが、ダイエットを目的とするのであれば、上記3つでしょう。

ただし、栗だけ食べていればいいわけでは有りませんし、過度な期待もしてはいけません

食事はトータルで、適量をバランス良く食べるのが理想です。

また、栗の季節は「味覚の秋」と言いますが、同時に「スポーツの秋」も言いますよね。

しっかり運動をして、カロリーを燃焼させることもダイエットには欠かせない要素であることを、忘れてはいけません。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)