焼き芋の保存期間はどのくらい?味を落とさずに保存する方法!

焼き芋

いつの時代も、女性のおやつの定番。

ビタミンCたっぷりで食物繊維も豊富。

美容食としても注目されて、ますます不動の地位を保っています。

ただ、買いすぎたり貰ったりすると、そんなにたくさんは食べられないのが困りもの。

美味しく保存する方法を、ぜひ知りたいですね。

Sponsored Links

焼き芋の保存期間は、どのくらい?

焼き芋の保存期間は、室温や湿度はもちろん、サツマイモの種類によっても当然、異なります。

特に蜜の多いねっとり系の芋は、日持ちが悪いので注意してください。

平均すると以下のようになります。

  • 常温  2~3日
  • 冷蔵  3~4日
  • 冷凍  1.5~2カ月

冷凍保存なら、どの芋についてもある程度の期間は味の落ちない、ベストの保存法といえるようです。

焼き芋、味が落ちない冷凍保存の仕方!

焼き芋の冷凍は、作り立ての熱いうちに密封することが大切。

蒸気を閉じ込めないとパサパサになります。

ごはんの冷凍と原理は同じです。

もし冷めた焼き芋を冷凍するなら、もう一度オーブンで熱くしてから密封しましょう。

ラップより、ジッパー付きの冷凍保存袋が安心。

しっかり空気を抜いて密封し、アラ熱が取れてから冷凍庫でしっかり凍らせます。

このとき、一口大に切ったり皮を剥いたりせず、丸のまま一本で冷凍した方が、美味しさが保てます。
215852

焼き芋、美味しい解凍のやり方!

ラップを外し、あるいは袋から出し、皮つきのままレンジで2~3分チンしてください。

このとき、ラップをかけないでください。

また芋の大きさによりますが、あまり長くレンジにかけすぎると煮えてしまいます。

気をつけてください。

もっと美味しく解凍したければ、時間はかかりますが、まず冷蔵庫で半解凍して、それからオーブンでじっくり焼き直すのが、いちばん甘味が戻るでしょう。

さらに食べるときに、皮の上から優しくほぐしてあげることがポイント。

冷凍するとどうしてもカチカチになってしまうので、熱いうちに実を柔らかく戻すことです。

皮を破らないように気を付けて、柔らかくしてください。

半解凍で、中がまだ凍った芋もシャリシャリした食感で、シャーベットのように食べられます。

これは蜜の多い安納芋や蜜芋に適した食べ方です。

Sponsored Links

焼き芋、干し芋にして保存する方法!!

冷凍するにしてもスペースがない、しかも1カ月しか持たない。

そうなると、もっと長期間、保存する方法として「干し芋」があります。

焼き芋を干して、食べるときに炙ると、甘味がギュっと詰まった美味しい芋になります。

ただ、干し芋にできるのは、サラサラした黄金千貫や紅はるかが最適。

安納芋や蜜芋は向きません。

また干している間の風通し、気温、そして衛生面など、気を付けなければならないことが多く、かなり出来上がりには差があります。

そのあたり、注意しましょう。
206243

作り方

1. 焼き上げた芋を、皮ごと干し網に広げます。

干物を作る専用の網なら、虫よけもついているので、最適です。

皮を剥くのは、プロ級の技ですから、初めての人は、皮つきから挑戦した方が無難です。

2.そのまま、日陰の風通しのよい場所に吊るしておきます。

湿気があるとカビが発生してしまいますので、注意しましょう。

ザルなどで作るときは、上下を返して全体に風をあててください。

3.皮が乾燥して、全体にシワシワになれば出来上がり。

全体に量は半分ほどになりますが、甘味は凝縮されてすごい。

皮ごと軽く焼いて召し上がれ。

生のサツマイモなら、保存期間はかなり長いのですが、いったん焼き芋にしてしまうと、持ちも味も落ちてしまいます。

安納芋などの柔らかい芋はスイートポテトにしたり、黄金千貫などしっかりしたものなら大学芋にする手もあります。

こうして冷凍すれば、保存期間も長くなりますし味も落ちません。

いろいろ工夫して、秋の味覚を、長く楽しんでください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)