風邪で入浴してはダメは間違い!むしろ喉や鼻づまりに効果あり!

風邪をひいてしまったとき、お風呂にはいらないという人は結構いるのではないでしょうか?

子どものときに、母親やお医者さんに「入ってはいけない」といわれたことがあるという人もいます。

ですが実は、風邪をひいたときこそ、お風呂は効果的だったのです。

Sponsored Links

風邪の時は入ってはダメと言われる理由

風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないという教えはそもそも日本独自の習慣からきているといわれています。

というのも、昔の日本の風呂は外に備え付けられていたり、銭湯の文化があったりで、お風呂上がりに一度外へ出るため冷気にあたり、

また外気が入りやすい構造が多かったため、外気により湯冷めをしてしまうという可能性があったことから、そのような考えが生まれたといわれています。

風邪をひいたときに湯冷めをして体を冷やすのは風邪をこじらせてしまう大きな原因となることから、お風呂に入らないほうがいいと言われていたようです。

もちろん現代の日本の家庭のお風呂は構造上その心配はほとんどありませんが、

今でも風邪のときにお風呂に入らないという習慣があるのは、このような昔の考え方の名残であると考えられます。
428100

風邪でも風呂にはいった方が良い?

日本とは対照的に西欧では昔から風邪をひいたら積極的にお風呂に入るという習慣があります。

入浴することにより体が芯から温められることで、血行が良くなり、新陳代謝が高まることでウィルスへの抵抗力がアップすると考えられているからです。

風邪など体の不調でよくないとされていることは何より体が冷えた状態にあること。

体をあたため自己治癒力が高まることが風邪を早くに治す近道なんだそうです。

入浴によりそのような効果が期待できるのなら、湯冷めの環境さえつくらなければ日本でも実践可能といえます。

むしろ風邪を引いたときには入浴すべきと考えてもおかしくないですね。

Sponsored Links

入浴して良いかの判断基準はコレ!

一言で風邪といっても症状はさまざまです。

入浴が効果的な状態は、熱が37度前後で、喉の痛みや鼻づまりがあるときなどは特に効果が期待できるようです。

お湯の蒸気で体内の器官が潤い、鼻通りがよくなったり、喉の乾燥によいのだとか。

ちなみに以下のような症状があるときは入浴を避けたほうがいいです。

  • 高熱があるとき。(38度以上)
  • 嘔吐や下痢の症状があるとき
  • めまいや頭痛がひどいとき
  • たっているのが困難なとき

 

こういった症状がない場合は積極的に入浴してみたほうがいいかもしれません。
429800

温度はどのくらいに設定する?

そして、ここで一つ大事なのは、入浴する際のお湯の温度です。

熱すぎては体に負担がかかってしまいますし、ぬるすぎるのは、かえって体を冷やす原因に。

ベストな温度は、41度です。

感覚的に少しだけぬるめといった感じです。
 

風邪を引いたときの入浴の仕方

さて、風邪をより早く治すための入浴方法とはどのようなものでしょうか。

入浴が効果的だとはいっても、入浴の仕方が間違っていたたために風邪をこじらせてしまったなんて残念です。

正しい入浴の仕方で1日でも早く治癒させていきましょう。

  • 10分〜15分くらいを目安に入浴(長湯はNGです)
  • 浴室や脱衣所を冷気にさらさない(冬場注意です)
  • 入浴後は体の水分をしっかりと拭き、すぐに布団にはいる
  • ポカリスエットなどで水分補給をしっかりと行う

発汗作用を促す点では半身浴も効果的ですが、風邪のときには体を冷やす可能性があるため、全身お湯につかるほうが向いているようです。

こうして効果的な入浴をすることで、体が温まり抵抗力が増すのはもちろんのこと、心身のリラックス効果もあり、質のよい睡眠ができるということもいわれています。

ただし、体が弱っているときはとにかくストレスになることは禁物ですので、無理のない範囲で実践していきましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)