運動会の台風の目で早く走るコツ!!必勝法は並び方にあった!?

色々な競技がある運動会、その中でもやっかいな競技として知られているのが…そう、【台風の目】です!

台風の目、と聞いてピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。

この競技の呼び方は地域によって違いがあったりします。

とある地域では【ハリケーン】と呼んでいたり、【タイフーン】とも呼ばれていたり。

地域性を出したのか、【鳴門の渦潮】なんて呼んでいる所もあります。

でも、この競技でやることはみんな同じです。

① 1チーム4人くらいで行う
② チーム全員で1本の棒を持って走る
③ コースの途中に置かれたコーンを回る
④ リレー形式でやる時は、待っている次の人たちの足の下をポールでくぐらせた上で、頭上を通過させてポールを渡す

これだけです!

でも、これだけなのに…難しい!!

そこで今回は、台風の目のコツなどについて解説したいと思います!!

Sponsored Links

一緒に走る4人組の決め方

まず、全員1本の棒を持って走るのですから、全員の足の速さが同じくらいであることが理想です。

極端に足の速い人と極端に足の遅い人が同じチームにいることになってしまうと、足並みがそろわず、走ってる途中に転倒してケガをする危険があります。

なので、50m走や100m走などのタイムを計って、そのタイムに応じてチームを組んでいきましょう。

ポールを持つ時の並び順

まず、コーンを回る時に一番内側になる人は力のある人や体重がある人が良いです。

そして、コーンを回る時に一番外側になる人は、チームの中で一番足の速い人を選びましょう。

「どうして?」と思われるかもしれませんが、その理由については次の【・早くコーンを回る方法!!】にて!
 

速くコーンを回る方法!!

image1

コーンを回る時、コーン側に力が強かったり体重がある人がいると、そこを中心にして回転しやすくなります。

そして、一番多く走る必要があるコーンの外側が足の速い人だと、速くコーンを回ることができます。

ここで重要なのは、内側の人は足踏みをするようにコーンを回る、ということです。

内側の人は、外側の人よりコーンを回転するために動く距離が短いです。

一方、外側の人は一番コーンから遠いわけですから、回転する時の走る距離が一番多いです。

なのに、内側の人まで素早く回ろうとしてしまうと、外側で必死に走ろうとしている人まで足並みが合わず、下手すると転倒してしまいます。

ですから、内側の人は足踏みをするようにコーンを回る必要があるわけです。

また、コーンを回る時に描く円が一番小さくなるように、ポールの内側にみんなが寄ることも重要です!

台風の目で勝つために一番工夫できるのは、【走る距離を減らして速くゴールする】所です。

チーム全員が一人ひとり離れてポールを持って走るのに比べて、

  • 直線コースでは一人ひとり離れた状態でポールを持って走る
  • コーンを回る時だけ内側の人にギュッと寄る

この2つをやると、内側の人以外がコーンを大回りすることなく、最短距離でぐるっと回ることができます。

なので、日頃からコーンを回る時は内側の人に寄る練習もしておくのがおススメです!

Sponsored Links

ポールを跳ぶ時に引っかからなくするコツ!!

台風の目で最後の難関になるのが、ポールの受け渡しの時…ですよね。

特に、待っている人たちにポールをくぐらせてジャンプしてもらう時に、引っかかってこけてケガをしたり…次のチームにポールを渡すのが遅くなってしまったりします。

それを防ぐためのコツは二つあります!

一つは

・ポールはできる限り低い位置を通るようにする!

もう一つは

・ジャンプする時は、高く飛び上がるのではなく軽く飛ぶようにする

です。
499437

引っかかってしまいケガしたり、ポールを渡すのが遅くなってしまうのは、この2つができていないからです。

ジャンプする時は、変に高く飛んでしまったりすると後ろの人が飛ぶタイミングをはかりにくく、引っかかってしまったりします。

なので、ポールを持って走ってきたチームはできる限り低い位置にポールを下げて、待っているみんなにジャンプしてもらいましょう。

待っている人たちは、自分たちの後ろに並ぶ人たちが飛ぶタイミングをはかりやすいように、ポールが来ても軽くジャンプする程度にしておきましょう。

ここまで台風の目のコツを書いてきましたが、「でも本当にできるのかな…?」と不安でしょう。

そんな時は、練習あるのみです!!

文章で読んでみると簡単そうに見えるのに、実際やってみると難しい…なんてこと、よくありますよね。

その難しさを解消するには、やはり練習を積み重ねて、一つ一つのコツをできるようにしていくことが勝利につながります!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)