胃腸炎で熱の症状は出るの?何日続く?正しい治療法はコレ!!

なんだか急に胃がムカムカしてきて吐き気が…

そういえばお腹の調子も悪い…

そんな時、疑うのは胃腸炎ですよね。

胃腸の調子が急に悪くなった時、「何か変なものでも食べたっけ…?」って考えますよね。

そう、急に胃腸の調子が悪くなる【急性胃腸炎】では、大体食べ物などにその原因があったりします。

まず、急性胃腸炎は、細菌が感染することによって起こるものと、ウイルスが感染することによって起こるもの、と2つに分かれます。

細菌の感染で起こる胃腸炎の原因は、食中毒の原因菌である0―157やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などによって引き起こされるもので、食物が傷みやすい夏に起こりやすいです。

一方、ウイルスの感染で起こる胃腸炎の原因は、ノロウイルスなどによるものです。

ノロウイルスは感染源である二枚貝が旬を迎えた後の冬の時期に蔓延するので、ウイルス性の胃腸炎は冬の季節、と覚えておいた方が良いでしょう。

ちなみに、乳幼児が感染する胃腸炎としてロタウイルスが原因のものがありますが、これも流行の時期は冬なのです。

そして、気になるのは…

ただでさえ吐き気や下痢で散々な目にあっているのに、熱まで出るの…?

ということではないでしょうか。

「そもそも、胃腸が悪くなっているだけなのに熱まで出たりするの?」

とか、

「こういう時の熱って、どう対処したほうがいいの?」

と、疑問は尽きません。

そこで、今回は急性胃腸炎の時の発熱について解説していきたいと思います!

Sponsored Links

胃腸炎で発熱の症状は出るの?

大抵、急性胃腸炎になると発熱の症状が出ます

37度台の軽い発熱から、ウイルスによっては40度まで熱が上がることがあります。

ただし、人によっては平熱のままで終わることもあるそうです。

どうして胃腸炎で発熱するの?

image1

冒頭で、【急性胃腸炎は細菌の感染や、ウイルス感染によって起こるもの】と説明しました。

発熱は、胃腸炎の原因である細菌やウイルスと戦うために起こります。

風邪の時もそうですが、体内にウイルスや菌が入ると免疫機能が働き、それらをやっつけようとします。

私たちも運動した時は体が熱くなりますよね?

それと同じで、体内の免疫細胞も細菌やウイルスをやっつけるために体中で活発に動くので、発熱が起こるのです。

なので、急性胃腸炎の時の発熱は「胃腸炎を治すために必要なもの!」と覚えておきましょう。

発熱はいつまで続く?

実は、そんなに長い期間発熱は続きません。

解熱剤を使わなくても大体2~3日、人によっては1日で平熱に戻る時もあります。

上の【どうして胃腸炎で発熱するの?】にも書いた通り、発熱は細菌やウイルスをやっつけるために起こっています。

体内の免疫細胞が細菌やウイルスをきちんとやっつけたら、その時点で熱は下がっていきます。

Sponsored Links

熱が出た時の治療法

上にも書いてきた通り、急性胃腸炎の時の発熱は体内にある細菌やウイルスをやっつけるために必要なもの!です。

なので、解熱剤で無理に熱を下げると、体内にいる細菌やウイルスをやっつけるスピードが遅くなり、かえって胃腸炎の症状を長引かせてしまうことになります。

なので、急性胃腸炎で熱が出た時は

  • アイスノンや保冷材などで頭を冷やしたり、首や脇など動脈が通っている場所を冷やす
  • できる限り水分補給を欠かさない

この2つが重要です!
image2
特に2つ目の【・できる限り水分補給を欠かさない】は重要です。

吐き気がして水があまり飲めない上に、下痢まで起こっていて、しかも熱まで出している…となると、脱水症状が起こる危険があります。

例え吐き気がしてる…という状態であっても、一口ずつでいいので水分補給を欠かさずにすることが重要です。

でもやっぱり、症状が出た時点で病院にかかるのがおススメです。

「これは○○が原因の急性胃腸炎ですね」と、はっきりと原因が特定できる形での診断は降りませんが、急性胃腸炎の時の処方は大体決まっています。

処方される薬の中で、特に重要なのが吐き気止め

これは、「水を飲んでも吐いて辛い」という状態が続いて、発熱と嘔吐と下痢による脱水症状を起こるのを防ぐために処方されることが多いです。

私の経験ですが、ノロウイルスが原因(生ガキから感染した、と言われました)の急性胃腸炎にかかった時に、病院で吐き気止めを処方されました。

それまで水を飲むのも辛い…という状態でしたが、吐き気止めを飲むとあっという間に吐き気が止まったので、水分補給がしやすくなったのを覚えています。

また、あまりにも脱水症状が酷い!と診断された時は、その病院で一時的に点滴を受けることになるかもしれません。

「点滴…痛そう…」と思うかもしれませんが、血液中に直接水分を送ることができるので吐き気も伴いません。

急性胃腸炎の時の発熱は解熱剤を使わない事が重要ですが、症状が出てから2~3日が過ぎても一向に熱が下がらない、症状が続くという場合は、

急性胃腸炎になっている間に他の感染症にかかってしまうというパターンが考えられるので、病院でしっかり診察を受けましょう。

急性胃腸炎の発熱の時の対処法を間違えず、早く治していきたいですね!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)