ハイオクとレギュラーの違いを簡単に!価格差はどのくらい?

ガソリンスタンドで迷いなく入れるガソリンですが、実は以外としらない「ハイオク」と「レギュラー」の違いとは何かということです。

一度は疑問に思ったことはあったといえ、その違いについては意外としらない人が多い。

とても専門的な話になってしまうので、できる限り簡潔にその違いについて説明したいと思います。

Sponsored Links

ハイオクとレギュラーの違い!!

ハイオクとレギュラーの違いは、簡単にいうとエンジンの「発火のしやすさ」の違いといえます。(ハイオク=発火しにくい、レギュラー=発火しやすい

発火のしやすさには「オクタン価」というガソリンの主成分がかかわってきます。

この成分が多く含まれているハイオクは発火しにくく、その反対にレギュラーはオクタン価がハイオクより少なく、発火がしやすいという違いがあります。

そもそも車のエンジンはガソリンが爆発する力をかり、その大きなエネルギーを得ることで稼働しています。

ガソリンの爆発時、ときに「異常燃焼症状」というものが起きます。

これを一般的には「ノッキング」と呼んでいますが、ノッキングの発生は車にとってはあまり良くないとされています。

ノッキングが起こりやすいのは「発火しやすい」ということが原因の一つです。

つまりハイオクより発火しやすいレギュラーガソリンはノッキンングが起こりやすい状況があるといえます。

一方、オクタン価を多く含むハイオクは発火しにくいということから、大型車やスポーツカーなど、できるかぎりノッキングを起こさないような高性能なエンジンほどハイオクが必要となります。

ただし、いずれの場合であっても最近の車はノッキングが起こりにくいようにつくられているようです。
257106

値段はどのくらい違う?どちらがお得?

ハイオクとレギュラーの販売価格にも違いがあります。

全国平均で10円〜11円ほどハイオクが高くなっています。

この金額の差はガソリン内に含まれる成分の違いといえます。

ハイオクには、ノッキングを防ぐ「オクタン価」といわれる成分が多く含まれているだけでなく、添加剤として様々な成分をもって構成されています。

ハイオクは「プレミアムガソリン」ともいわれています。

オクタン価の主成分以外にも優れている部分が多いといわれているガソリンの種類となります。

ですが、どちらがハイオクとレギュラーのどちらかがお得であるかは比較が難しいです。

なぜなら、その車種に合わせてガソリンを選択するのがベストだからです。

ハイオクの方が燃費がいいという説もありますが、コスト面で比較をすればレギュラーの方がお得といえます。

いずれにしても、そのガソリンのパワーを最大限引き出せる状況を作りだすことが大事であるということです。

ちなみに、車の給油口の内側に記入されていることが多いのでぜひ確認してみることをお勧めします。

Sponsored Links

ハイオク車にレギュラーを入れても良い?

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れて使用しても、不具合や損傷等がおきないように改良されているようですので問題はありません

ただし、レギュラーガソリンを使用したところで、エンジンの性能が上がるわけではありませんので、なんのメリットもありません。

ハイオク車はやはりハイオクガソリンの使用をおすすめします。
257078

レギュラー車にハイオクを入れても良い?

また、レギュラー車にハイオクガソリンを使用しても、特に走行に問題はありません

実際にハイオクガソリンを使用すると、異常爆発であるノッキングの発生が少なくなる、ハイオクガソリンに含まれる添加剤によりエンジン内が洗浄され綺麗になる、などの効果があるといわれています。

むしろハイオクガソリンを入れたことで、燃費がよくなったという報告もあるようですが、車種などによって違ってくるようなので、確証はありません。

ガソリンの違いはあれ、やはりトータルバランスが必要です。

車種によっての向き不向きがありますから、ガソリンの違いを把握したうえで、車種に合わせたガソリンの選択をしていきましょう。

また、快適なカーライフを送るためにも、異なるガソリンを使用する場合は専門家にも相談してみるのが間違いないでしょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)