七五三を行う時期はいつ?今はわざと時期をずらす!!

日本には子供の成長のことを祝ったり、願う行事が様々ありますが、その中でも七五三は飛びぬけてビッグなメインイベントです。

一般的に家族で写真撮影、神社に子供の成長を祈願、そして家族で盛大に食事をするまでの流れが七五三の皆さんが持つイメージのはずです。

あくまで子供が主役のこの行事、しかし近年では両親が写真を撮影するだけで満足してしまい、神社に参拝や食事会を行わない本来の目的を見失った親が増えているようですね。

そんな時代によってスタイルを変えつつある七五三について、今回は焦点を当てていきたいと思います。

Sponsored Links

七五三を行う時期はいつ?

七五三を行う時期ですが、それは11月15日と具体的に日付が決まっています。

これは昔から存在するものであり、起源は江戸時代までさかのぼります。

元々は徳川将軍家の「袴着の儀」(初めて袴を着て祝う行事)が行われた日(11月15日)が受け継がれてその日に子供の成長を祝い、氏神様・産土神様に報告を行うということから始まりました。

その後は様々な変化はあれど、現在に至っています。

しかしながら、昔と比べて今では11月15日当日に七五三を行うという家族は少ないようです。
047119

今はわざと時期をずらす?

先ほど述べたように忙しく共働きの多い現在人は、なかなか七五三を11月15日当日に行うのは難しいようです。

当日の神社も非常に混雑し、もし行けたとしても肝心のお子さんを疲れさせてしまっては本末転倒ですよね。

そういうわけで今は11月15日の前後の土日祝日など、予定が取れる日をベースに七五三を行う家族が増えています。

写真撮影なども3,4月の暖かい時期に子供の体調を気にしながら撮る人もいます。

最近では、プロカメラマンに依頼して神社での七五三ロケ撮影する方も多く、予約の殺到が予想されるので、時期をずらしてお子さんのより良い表情を撮るのがよいのかもしれません。

ちなみに北海道や東北地方の秋に寒い地方は10月のかなり早い段階で参拝を行うことが多いです。

七五三は絶対に11月15日に行わなければならない強い根拠はありません。

それぞれの事情に沿って行うのが今の主流となっているのですね。

お子さんの成長を家族全員で祝うためにも、日付にこだわらず、臨機応変にしたいものですね。

Sponsored Links

数え年と満年齢どっち?

どちらにすべきか迷う人は多いでしょうが、基本的には満年齢を基準とします。

明治時代までは数え年を基準としていましたが、満年齢を用いられ始めた理由の一つに子供の成育が挙げられます。

もし三歳の子供のお祝いの際に数え年でのお祝いの場合は、生まれた月によって満年齢で二歳になる前で七五三を祝うことになってしまいます。

満年齢は生まれた年を0歳としてカウントし、自分の誕生日を迎えるたびに年を重ねていきます。

したがって生まれた年を一歳としてカウントし、元旦を迎えるたびに年を重ねる数え年を基準とすると、満年齢で二歳に満たないお子さんを七五三に連れまわすことになってしまう可能性があるのです。

ですので、今は満年齢が基準となっていますが、年の近い兄弟がいる場合は上の子の満年齢に合わせて、下の子は数え年で一緒に祝うというケースがあります。

こちらも特に強い縛りはないので臨機応変に対応するのが得策ですね。
297271

男の子はいつ?女の子はいつ?早生まれの場合はどうなる?

基本的に七五三は満年齢で祝うと述べましたが、男の子では満三歳、満五歳、女の子では満三歳、満七歳で祝うこととなっています。

家族によっては先ほど述べたように、兄弟で一緒に祝うことが多いかもしれません。

早生まれのお子さんに関しては、数え年でも満年齢どちらでもよいこととなっています。

お子さんの状態や家の事情に合わせて家族全員で七五三を楽しんでくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)