ブドウ糖の効果はこんなにあった!効率的な摂取の仕方

日頃の生活の中で、疲れていたり、イライラしたり、集中力がなかったりすると誰かに「糖分をとったほうがいいよ」といわれたことってありませんか?

この「糖分」こそ「ブドウ糖」のことをさしていたのはご存知でしょうか。

ブドウ糖はわたしたちの身近にあるものなのですが、実は驚くほどの効果をもった栄養源だったんです。

今回はブドウ糖とはいったいなにか、そしてその驚くほどの効果や、摂取方法についてお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

そもそもブドウ糖とは!砂糖は違うの?

ブドウ糖とは「糖類」の一つで自然界にもっとも多く存在する単糖類の一つです。

単糖類とはその名前の通り、単体で成り立つ成分のことです。

果物のブドウに多く含まれていることから「ブドウ糖」と名付けられたようです。

米、パン、イモ類などの炭水化物にブドウ糖が多く含まれています。

ブドウ糖は私たちの身体を動かすために必要なエネルギー源にとってなくてはならない存在です。

ちなみに砂糖とブドウ糖とは同じ「糖類」という部分では同じです。

砂糖というのはブドウ糖とその他の糖(果糖)が合体した二糖類とわれるもので、調味料に使用される白糖などの食材をさします。

原料はさとうきびやてんさい、もろこなどの植物から抽出したものが主です。
271426

勉強に良いって本当?

ブドウ糖が脳にとって欠かせない働きをしているのは事実です。

体内のエネルギー活動の中でその約20%が脳の活動だといわれており、そのエネルギー源がブドウ糖です。

よって脳にとってブドウ糖は最も大事な栄養素です。

ブドウ糖の効率的な摂取により、集中力の向上、記憶力を高めるなどの効果を発揮するため、勉強にはブドウ糖が良いというのは本当です。

Sponsored Links

ブドウ糖にはどんな効果があるの?

ブドウ糖の効果は勉強だけに止まらずまだまだあります。

  • 疲労回復
  • 二日酔いの改善
  • 仕事などの作業効率がアップ
  • 眠気対策に効く
  • 低血糖症状の改善
  • 運動能力の向上

身体が疲れたな…と感じたり、イライラしていると感じたときなどは、まさにブドウ糖が不足しているタイミングだと考えられます。

上記のような不調を感じたときは、ブドウ糖を摂取することが、改善の近道ではないでしょうか?
201959

効果的なブドウ糖の摂取の仕方!

では、実際に効果的なブドウ糖の摂取の仕方についてご紹介いたします。

基本的に成人1日に150gほどのブドウ糖摂取が必要といわれています。

身体を動かす30分前に摂取することがいいとされています。

なぜなら、食べた瞬間にエネルギーになるわけではないためです。

ブドウ糖は小腸で吸収され血液中に溶け込むまで約15分〜20分の時間がかかります。

さまざまな摂取方法がありますが、もっともブドウ糖を効率良く働かせるためには、「朝食」に摂取するということです。

朝起きた時点で、エネルギーは不足しがちです。

つまりブドウ糖も不足した状態で目が覚めます。

この段階では、筋肉も脳の働きも鈍っています。

そこで、朝食にブドウ糖を摂取すれば脳が活性化され、集中力や作業効率がアップすると考えられます。

摂取する食材ですが、ブドウ糖がもっとも多く含まれる炭水化物が「うどん」といわれています。

実はもっとも多く摂取できるだけでなく、もっとも消化の早い炭水化物の食品でもあるため効率がいいと考えられます。

もちろん、甘いお菓子なども一時的にはエネルギー源にはなりますが、うどんと比較すると長持ちしないうえ、かえって低血糖を起こしやすくする危険もあるため、おすすめはしません。
 

最後に

ブドウ糖の効果について実感していただけたでしょうか?忙しい現代の日常生活には欠かせない栄養源ですね。

もちろん、どんなに素晴らしい栄養源であっても過剰摂取は肥満や高血圧など生活習慣病の原因にもなりますので気をつけましょう。

ぜひ朝食のうどんをお試しください。

きっと効果を実感できるはずです!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)