こたつで寝ると風邪を引く!?最悪は脳梗塞や半身不随に!!

寒くなるとリビングに登場するのがこたつです。

こたつは家族のだんらんにも欠かせなく、テレビをみたりくつろいだりしているうちについウトウトしてしまい、気づいたら寝てしまっていることがあります。

こたつで寝るのはなんとも気持ちいいことですよね。

でも、こたつでねると風邪をひくよ、と注意されたことがある人も多いと思います。

そして実際に風邪をひいたこともあるのではないでしょうか?

実はこたつで寝ることはとても危険なことだったのです。

Sponsored Links

こたつで寝ると風邪をひく理由!

こたつで寝ると風邪をひくリスクが高まるのには理由があります。

こたつでは、下半身は十分に温められますが、上半身はこたつの外にあるため、冷気にさらされています。

この状態では下半身と上半身に体温のギャップができてしまい、身体が体温調節をしにくくなることから、自律神経が乱れ免疫が低下し、結果風邪をひいてしまうということになります。

また、こたつから出た時にこたつの熱であたためられた身体が汗をかき、その汗が冷えて寒く感じ風邪をひいてしまうという状況もあるようです。

もっとも多いのは、こたつで寝ると体内が脱水症状に陥り、喉や鼻などの粘膜が乾燥してしまいます。

風邪のウイルスは乾燥している状態でもっとも繁栄するため、風邪を引き起こしてしまうのです。

最悪、脳梗塞や半身不随に!

338824

ちなみに、脱水症状に身体が陥るということが、こたつで寝る上でもっとも危険な状態なのです。

身体が脱水症状になることで、血液中の水分も不足し、血液がドロドロ状態になります。

すると体内に血栓ができやすくなり、これが脳にできてしまった場合は、脳梗塞を引き起こします。

要は、エコノミー症候群のような状態になるのです。

脳梗塞を引き起こしたことで、半身不随になってしまったケースもあるといわれています。

ついついこたつで寝てしまうとこんなにも危険があるのです。

それ以外にも、こたつという狭い空間で寝ていることから、関節や筋肉にも負担がかかり腰痛の原因になったり、脱水症状による便秘をひきおこしたり、長時間おなじ場所に熱を受けていることで、低温火傷になったりもします。

うとうとした瞬間は気持ちが良いのですが、こたつで寝ることは以外と体力を使います。

よって疲れがとれなかったり、体内リズムをつかめず逆に倦怠感を感じてしまったりなどデメリットが多く存在します。

Sponsored Links

こたつで寝ている人を見かけた時の対策はコレ!!

こたつで寝ることのリスクがわかれば、もうこたつで寝ようとは思わないかもしれません。

ですが、もしこたつで寝ている人をみかけたら、どうでしょう。

知ってしまったリスクを考えれば、見過ごすことはできませんね。

そのような状況にでくわした場合の対策についてお知らせします。

まず、基本は声をかけ起こしてあげましょう。

ポイントは優しく声をかけることです。

声をかけて相手がふてくされてしまっては逆効果です。

それでも起きない場合は、こたつの電源を切りましょう

すると徐々に温度が下がり、寒気を感じ自ら布団やベッドで寝ることを選択してくれます。

ちなみに、起きるまでに時間がかかりそうであれば、寝ている人の上半身に布団をかけてあげるのをおすすめします。

冷気にさらされた部分がそのままだと風邪をひく原因になってしまうからです。

目を覚ましたら、水分補給をすることもすすめてみましょう。

少なからず水分不足の状態に陥っていることが考えられるからです。

470991

以上が対策ですが、こたつで寝てしまう状況が起こる前に、こたつで寝ることのリスクをしっかりと伝えてあげることも重要なことです。

だんらんにかかせないこたつ。

でもその誘惑には危険が伴っていることをしっかりと理解しつつ、上手に活用していきましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)