コーヒーの飲み過ぎに注意!!下痢や吐き気の原因に

朝の日課、一日に始まりは一杯のコーヒーからスタートします。

という方多いと思います。

いつもと同じ時間にコーヒーを飲まないと落ち着かないし、ダイエットにもいいみたいだから、たくさん飲んでます。

という方も多いと思います。

しかし、よく耳にするコーヒーに含まれる成分、「カフェイン」。

これを正しく摂取しないと、健康になるどころか、カラダにたくさんの不調が現れるのをご存じですか?

正しく摂取すれば、カラダにとって良いことがたくさんありますから、ぜひとも味方にして健康的なカラダづくりに役立てましょう。

Sponsored Links

コーヒーを飲みすぎると危険な理由!!

コーヒーに含まれる「カフェイン」を摂取しすぎることによって、いくつかの副作用が生じます。

まずは、カフェインの作用とは、どのようなものなのでしょうか。

主な作用には、脳を覚醒させる作用、解熱鎮静作用などがあげられます。

これらの作用によって、眠気が覚めたり、二日酔いの改善になったりするのです。

しかし、一定量を超えて摂取してしまうと、下痢や吐き気の原因、貧血になってしまったり、カルシウムが不足し骨粗しょう症になってしまいます。

その他、胃が荒れてしまい、胃腸の調子が悪くなったり、口臭が気になるようになったり、睡眠の質が悪くなったりします。

それと、妊婦さんは摂取しない方が良いでしょう。

胎盤からの酸素が送られにくくなるので、赤ちゃんが低酸素状態になってしまいます。
503816
また、コーヒーにはダイエット効果も得られるとして知られていますが、こちらも過剰摂取により逆効果になってしまいます。

一定量を超えてしまうと、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸が脂肪を蓄積してしまうのです。

脂肪を燃焼させようと思って、欲張って多く飲んでしまっても意味はなく、むしろ太ってしまうということを理解して適正量を摂取しましょう。

Sponsored Links

カフェイン依存症になって止まらない!

いくら過剰摂取が良くないと分かっても、急に飲むのをやめることができなかったり、毎日コーヒーを飲まないと落ち着かないと思いますか?それって、カフェイン依存症の症状の現れかもしれません。

他にもカフェインを摂取しないとこんな症状が出ていませんか?

頭痛やめまいがする、カラダがだるい、集中力がなくなる、トイレが近い、動悸や不整脈がでる…

これらの症状に心当たりのある方は、カフェイン依存症になってしまっている可能性があります。

カフェイン依存症とは、カフェインがやめられない精神疾患のことを指します。

カフェインには、神経毒性があるために脳の神経を麻痺させてしまいます。

そのために、いくらカフェインを摂取しても効かなくなってしまうのです。

カフェイン依存症を改善するには、カフェインを摂取しないことです。

徐々に量を減らしたり、ノンカフェインのものに変えてみたりして、対策してみましょう。

一日どのくらいが適量?

image2

カフェインの一日の摂取量は、約250mg

コーヒーで言うと、約4杯程度です。

他にも、紅茶、緑茶、コーラ、ココア、エナジードリンクなどの飲料にもカフェインは含まれていて、中でも玉露(緑茶)は、コーヒーよりもカフェイン含有率が高いです。

しかし、お茶に含まれる「タンニン」の作用によって、カフェインの摂取量を防ぐ効果があるので、お茶では依存症になりにくいのです。

コーヒーには、脂肪燃焼効果や、シミ予防、リラックス効果、肝臓に良い、2型糖尿病の発症率を下げる、抗がん作用、集中力アップなど、たくさんの嬉しい効果があります。

最近では、コンビニでもマシンを使って入れたてのコーヒーが手軽に飲めたり、家庭でもコーヒーメーカーがどんどん進化して、カフェに行かなくても美味しい本格的なコーヒーが飲めるようになりました。

私たちの生活にはとても身近な存在のコーヒーです。

摂取量を守り、美味しく、楽しみながら、カラダが喜ぶコーヒータイムを満喫してみて下さい。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)