オセロとリバーシの違い!!オセロは商標登録で商品名だった!?

見た感じ同じゲームなのに、名前が違う…ということがありますよね。

ボードゲームで代表的なオセロがそうです。

緑色の盤、そして表が白で裏が黒のコマ。

だけど、全く同じに見えるのに、違う名前で売り出されていたりします。

それは、リバーシ

どこをどう見てもオセロと違う風には見えないのに、なんで名前が違うんだろう…?

今回はそんな疑問にお答えすべく、オセロやリバーシの解説から、その歴史や違いについて解説していきたいと思います!

Sponsored Links

オセロとは

オセロ、で思い出すのはあの緑のボードと表裏で白と黒になっているコマ、ですよね。

オセロは縦が8マス、横も8マスのボード上で、相手の色の石を自分の色の石で挟むことで、相手の色の石を自分の色の石に変えることができます。

自分が白で相手が黒だとしたら、相手の黒色の石の両側を白の石で挟むと、挟まれた相手の石を黒から白に変えることができますよね。

先手を打つのは必ず黒のコマの人!

更には、一番最初にコマを置くのは、中央の左上と右下が黒、右上と左下が白、と決まっています。

そして、ボード上の全部のマスがいっぱいになるか、両者とも打てるマスがなくなった時に勝ち負けが決まります。

まとめると、

「石を色を挟むように置いてひっくり返していき、最後に多い石の色の方が勝ち

という、すごくわかりやすいルールです。
368694
実はオセロは、日本人が考案したものです。

オセロを考案したのは、長谷川五郎氏。

そもそもの始まりは長谷川氏が中学生で戦後間もない物がない時代に、囲碁の碁石を使ってやっていたそうです。

囲碁のルールは全然わからなかったので、長谷川氏の発案で「相手の石を挟んだら取る」というルールを作ったそうです。

今あるオセロとは少しルールが違いますが、オセロの原型はこの頃にできあがったそうです。

時は流れて長谷川氏が大人になり、囲碁や将棋、チェスを楽しみつつ、自家製の駒を作って今と全く同じルール、あの白黒の駒のオセロを考案しました。

当時勤めていた製薬会社の女性社員に試してもらったところ、囲碁や将棋やチェスに比べて分かりやすいルールが大好評!

取引先だった病院関係者にも勧めた所、「患者のリハビリにも使えるし、これは面白いゲームだ!」と好評になり、自信を持った長谷川氏はおもちゃメーカーに「なんとかこれを商品化できないか」と直談判…見事、オセロは商品化され、あっという間に広まったのです。

オセロは「オセロ」という名前で商標登録されています。

つまり、「オセロ」はゲーム名であり、商品名でもあるのです。

なので、「オセロ」という名前がどこのおもちゃメーカーやゲームメーカーでも使える、というわけではありません。

最初は「オセロ」という名前で発売したゲームが「商標登録に引っかかったから…」と途中で名前を変更されることもありました。

そこで変更した名前は「リバーシ」。

「えっ、リバーシってやっぱりオセロと全く同じなの?」と思われるかもしれません。

でも、オセロよりリバーシの方が、歴史が古いのをご存知でしょうか?

次に、リバーシについて解説していきたいと思います!

Sponsored Links

リバーシとは

リバーシは1907年に出た書物に、すでにリバーシについての記述が載っていたことは確認されています。

でも、どんな形で生み出されたゲームなのか?ということに関しては、よくわかりません

とりあえず、イギリスで生み出されたゲームである、ということはわかってます。

オセロを考案した長谷川氏も、「オセロを考案する時に、リバーシはオセロの原型になった」と紹介しているので、オセロより先にリバーシがあり、リバーシがあったからこそオセロが生まれた、と思って良さそうです。

じゃあリバーシはどんなゲームなの?というと…

まず、オセロとの一番大きな違いは、盤面の大きさ、形などが決まっていないのです。

オセロだと8×8マス!と決まっていますが、リバーシにはそこまでの決まりがありません。

また、盤面の色もオセロみたいに緑!と決まっているのではなく自由ですし、更にはコマの色や形も自由です。

更に、オセロと違う所はまだあります。

オセロが「先手は必ず黒のコマの人!」と決まっているのに対して、リバーシは好きな方が打ってよいことになっています。

また、一番最初にコマを置く位置も自由です。

けれど、それ以外のルールはオセロと同じです。

「相手のコマを挟んで自分の色にして、最後に多い色の方が勝ち!」なのです。

最近ではスマホのアプリでリバーシもありますね。

でも、内容はオセロと全く同じようです。

そんなことになってしまった理由も、次の【・何が違うの?】に書いてあるので、どうぞ!

何が違うの?

image2

ここまでオセロ、そしてリバーシがどんなゲームで、なぜ生まれたのか?について見てきました。

2つの違い、というより、リバーシが元々あったゲームで、リバーシのルールをもっと細かく決めたのがオセロ、と考えていいでしょう。

ただし、【・オセロとは?】で書いた通り、「オセロ」は商標登録された商品名でもあります。

なので、商標登録したメーカー以外がオセロをゲームとして売り出したくても売り出すことができず、その時に「リバーシ」と名前を変えて出したりしています。

オセロとリバーシには、本来は盤の色やコマの色の、初期配置の自由さに違いがあります。

ですが、

  • 2つとも基本的なルールが大体同じ
  • 「オセロ」が商標登録されていて「オセロ」と名前を付けてゲームを売り出すことができない

という事情があって、オセロとリバーシは同じゲームである、とされている場合が多いです。

ここまで、オセロとリバーシについて解説してきました。

「ほぼ同じゲーム」と考えて、楽しんでゲームをしていきましょうね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)