サラリーマンのお小遣いの平均は?旦那さんの使い道・内訳!!

毎月ある家計の出費で、何気に困るのが旦那さんに渡すお小遣いの額

一体毎月どれくらいの額をあげたらいいのかわからない、という方も多いのではないのでしょうか。

「とりあえず節約!だからうちの旦那にはこれくらいしかあげない!」

なんて決め方をしていると、そのうち旦那さんが我慢の限界に達して大喧嘩…なんてこともあるでしょう。

一方で、

「とりあえず旦那から毎月これくらい必要、って言われた額を渡してるけど、正直に言うとちっとも貯金に回せなくて困ってるから、なんとかしたいんだけど…」

という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は日本のサラリーマンの平均的なお小遣いの額を参考にしながら、

旦那さんのお小遣いの額って一体どれくらいが妥当な金額なの?

という疑問についてお答えしていきます!

Sponsored Links

お小遣いの平均はいくら?

実は、この「サラリーマンのお小遣いの平均」を調べている所があります。

それは、銀行である新生銀行

毎年「サラリーマンのお小遣い調査」を行っており、お小遣いの中でも割と多い出費である「飲み代」も、外のお店で飲む平均金額や、自宅で飲む平均額なども算出していたりします。

その調査の結果、今年(2016年)のお小遣いの平均金額は…?

37,873円

ちなみにこれは、男性会社員の月の平均お小遣い額です。

実際、サラリーマンはいくら必要!?

image1
上のお小遣いの平均金額は、昼食代を含めた金額になっています。

サラリーマンにとってお昼代は毎日出て行くものですし、お小遣い額の中でもかなりの割合を占めるもの。

実は、新生銀行の調査では1日の昼食代の平均額も算出しています。

その金額は…

587円

少し前は「ワンコイン(500円)」と言われていたりしましたが、なかなか500円以内に収めるのは難しいようです。

また、会社勤めの人に時々あるのが飲み会。

仕事で疲れた後、同僚と意気投合して「じゃあ飲みに行くか!」となる時もありますし、上司に誘われて断り切れず…なんて時もあります。

外での飲み代の平均は5,102円という結果が、同じく新生銀行の調査で出ています。

また、更に月に何回外に飲みに行くか?という結果も出ており、平均月2回ほどだそうです。

そうなると、サラリーマンのお小遣いの中で、毎月1万円ちょっとの金額が飲み代で出て行くことになります。

昼食代、そしてたまにある外での飲み代を合わせると、本当に最低限必要な食費代が大体わかってきます。

昼食代が大体1ヶ月で合計12,000くらい。

飲み代が1ヶ月で10,000ちょっと。

合計22,000円が旦那さんにとって最低限必要な食費代になってくるでしょう。

でも、その他にもお小遣いで出て行くものがあります。

まずは、毎月の携帯代。

最近は格安スマホなどもありますが、「仕事の連絡も来るかもしれないから、電波が強い3大キャリアの契約をずっとしている」という方も多いでしょう。

そうなると、大体毎月1万円弱くらいかかっているのではないでしょうか。

じゃあ、その後のお金は?というと…

旦那さんだって、本当に自由に使えるお金が欲しいですよね。

趣味で必要なものを買ったり、または仕事に関する勉強で本を買ったり。

または、少しはファッションに気を使っている方もいらっしゃるでしょうし、タバコを吸っている方はタバコ代も必要でしょう。

そうなると、大体月3万7千円をきっちり使い切るくらいかな?という感じになりますね。

Sponsored Links

お小遣いはコレが妥当な金額!!

ここまで、サラリーマンの月々のお小遣い代の平均をもとにして、お小遣いの内訳などについて見てきました。

でも、このお小遣い額の平均って、調べられたサラリーマンの年収も下は200万円台から上は1000万とバラバラなんです。

当然、お小遣い額も月1万5千円程度から10万円を超える人と様々で、本当に色々な人の平均を出した結果なんです。

なので、

「37,873円って平均が出ているから、絶対にそれくらいの金額お小遣いにしなきゃダメ!」

という結果ではありません。

「じゃあ、お小遣い額ってどれくらいが一番いいの?」

と疑問に思われるでしょう。

そこで一つ参考になる目安があります。

それは…

世帯収入の1割くらいが、旦那さんのお小遣い額として大体妥当な金額」

というものです!

旦那さんと話し合う前に、世帯収入が手取り40万なら月4万、手取り30万なら月3万…と、

「これくらいをお小遣いであげる希望額にしておこう」

という風に、まずは「大体のお小遣い額の目標額」を決めておきましょう。

そして、次が一番重要です。

それは、夫婦二人でお小遣いの額についてしっかり話し合うことです。

499387

旦那さんの働いている職業や環境によっても、お小遣いからの出費額は違ってくるでしょう。

また、あなたが毎朝お弁当を作って旦那さんに持たせることができるかできないか、という所でもお小遣いの額は変わってきます。

それに、貯蓄したい額によっても旦那さんのお小遣いの額をどうするか決めたほうが良いでしょう。

例えば、

これから子供の教育費が増えていくから、少しでも貯金しておきたい…

とか、

マイホームのために少しでも貯蓄に回したい!

実家の両親の収入が心もとないので、少し仕送りしたい…

などなど。

旦那さんのお小遣い額を削って節約したい理由って、ありますよね。

そういった「貯蓄しておいたり、使う必要があるお金」の説明をちゃんとしないと、旦那さんも「俺は毎日頑張って働いているのに、全然金銭的な余裕がないじゃないか!」と理不尽に思うでしょう。

旦那さんのお小遣い額について話し合う時の内容は、

旦那さんには

  • 月々本当はどれくらいお小遣いが欲しいか
  • 希望する額のお小遣いが欲しい理由

を話してもらい、あなたからは

  • 月々本当はどれくらいのお小遣いでやりくりして欲しいか
  • そのお小遣い額にしなければならない理由

をしっかり話し合いましょう。

要するに、

夫婦二人とも納得できる額に旦那さんのお小遣い額を設定すること

お互いの要求を無理に押し通そうとしないこと

ということが、何より重要なのです。

夫婦円満な生活を続けるためにも、この後の生活をしっかりさせていくためにも、旦那さんに気持ちよく働いてもらうためにも…

ちゃんと夫婦でしっかり話し合って、お小遣い額を決めていきたいですね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)