主婦のお小遣いの平均はいくら?妥当な金額は収入の2割!!

結婚すると家計を一つにまとめるケースも多いのではないでしょうか?

主婦をしながら仕事を継続している場合、退職して専業主婦になる場合、さまざまな状況の中で家計をやりくりするのは決して簡単ではないはずです。

でも必要な生活費を確保したうえで、自分が自由に使えるお金「お小遣い」がほしい!きっと自分の収入を得ている主婦もそうでな主婦も誰もが望んでいるのではないでしょうか。

さて、主婦のお小遣いっていったいどれくらいもらっているのでしょう?

Sponsored Links

専業主婦のお小遣いの平均はどのくらい?

まず気になるのは専業主婦の場合です。

仕事をして収入を得てはいないため、お小遣いは旦那さんの収入に左右される傾向があり、個人差や家庭差があるのが現状のようです。

あくまでも一般的な平均額だと、月10,000円〜16,000円くらいが相場です。

同じ専業主婦でも20代にくらべて30代、40代の方が自由に使えるお金は増えるというデータがありますが、30代以下の過半数以上のお小遣いは10,000円以下というのが現状です。

ちなみに専業主婦のうち半数以上が「お小遣いなし」という現状も。

必要なときだけ旦那さんに相談して買ってもらうなどというケースも少なくないようです。

専業主婦と兼業主婦で額は違う?

image1
専業主婦のお小遣いに対し、仕事をしながら主婦をしている兼業主婦の現状はどうでしょう?

兼業主婦の平均は専業主婦の倍で、月20,000円〜40,000円ほどとなっています。

働いて収入を得ているという分、自由に使えるお金が専業主婦より多い結果です。

もちろん働く体系もさまざまで、この平均金額はフルタイムで働く場合に兼業主婦のケースで該当します。

パートやアルバイトの場合は、専業主婦とほぼ同額のお小遣いが平均です。

ただ、兼業主婦であっても子供がいるかどうかでお小遣い金額は大きく影響しています。

子供がいる場合だと、自分にあてるお小遣いの額は減る傾向にあり、そこにも個人差があるのが事実です。

Sponsored Links

主婦のお小遣いの内訳

さて、専業主婦と兼業主婦とではお小遣いの金額には少し差があるということがわかりました。

次は、実際に主婦のみなさんがどんなことにお小遣いを使っているのか、その使い道についても知りたいですよね。

以下のように専業主婦と兼業主婦とで簡単な項目でくらべてみました。

※専業主婦の場合
美容代:5,000円
化粧品:1,000円
書籍、食事、洋服等:5,000円〜10,000円

※兼業主婦の場合
美容代:5,000円
化粧品:5,000円
洋服等:3,000円
交際費:5,000円
貯蓄等:5,000円〜10,000円

専業主婦にくらべ、兼業主婦は仕事上のつきあいなどから交際費にお小遣いを使うことも多いようです。

また、両者ともお小遣いの金額に応じてにはなりますが、習い事や自分の趣味に投じるケースもあります。

こちらも金額やライフスタイルによって大きく個人差が影響してくる部分です。

しかし、専業・兼業主婦両者ともに共通しているのは、実際のお小遣いの金額よりも使用した金額が平均5,000円ほど低いという傾向があるということです。

つまりそれは、お小遣いを少しでも余らせて、貯金にまわそうという主婦の堅実さがうかがえる結果といえます。
image2

お小遣いの額の目安はこれぐらい!

世間の主婦はさすが!と思うほど賢くお小遣いを確保し使用しているのがわかりますね。

では実際に妥当なお小遣いの額というのはいくら位なのでしょうか?

これは、もちろん夫または夫と妻両方の合計収入の2〜3%の額です。

つまり、家庭の年収が600万円であれば年間12万円(月10,000円)がお小遣いという計算になります。

当然、家計全体のバランス次第で必ずしも該当するとはいえません。

ですが、この金額の目安を参考にしてみてはいかがでしょうか。

以上のように、主婦のお小遣い事情についてみてきましたが、生活の充実度合いは必ずしもお金では計れないものです。

お小遣いがあってもなくても、金額がいくらであってもその価値は人それぞれ。

とはいえ、人生なにかとお金がかかるものです。

家計については夫婦でしっかりと話し合い、バランスを考えながら上手にお金と付き合っていきましょう!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)