アシカとアザラシの違い!!水族館に行った時の見分け方!?

家族と一緒に行くのにも、デートで行くのにも、そして友達と一緒に行くのにもつかわれる人気スポットといえば水族館ですね!

海や川に住む色んな生き物たちがいっぱい見られるのも楽しいですし、ショーやふれあいコーナーなども大人気です。

水族館でも人気の動物は沢山いますが、その中でもトップクラスで人気があるのがアシカやアザラシです。

アシカはよく水族館でもショーをやっている動物ですし、アザラシはたまーに東京湾に現れた!なんてニュースになったり、更にはグッズまで作られたりしました。

でも、みなさん一度はこんな疑問を持ったことがあるのでは?

「アシカとアザラシ、あんまり見た目は変わらないようにしか見えないんだけど…何が違うの?

そこで今回は、アシカとアザラシの違いを解説したいと思います!

同じく見た目があまり変わらないオットセイについても紹介していきますね!

Sponsored Links

アシカ科とアザラシ科の違い!

生物学上の分類って「○○類○○科」とよく記されていますね。

「○○類」で大きく「こんな仲間だよ!」と分けて、その中から更にいろいろ違う特徴で「○○科」という風に分けられています。

アシカとアザラシは、「○○類」の部分は同じ、「鰭脚類(ききゃくるい、もしくはひれあしるい、と読みます)」です。

しかし、そこから色々な違いから、

○○アシカ、という名前の動物は「アシカ科」

○○アザラシ、という名前の動物は「アザラシ科」

に分けられており、ちょっと違う種類の動物なのです。

そもそも、「鰭脚類」の動物は、陸上の肉食動物が海でも生活できるように進化していったものです。

その中でも、「アザラシ科」は主に水中で生活できるように進化していきました。

aza2

出典元 http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp

前の足はあまり発達せず、泳ぎやすいように後ろ足が進化しています。

潜水も得意で、アザラシ科の中のキタゾウアザラシはなんと1500mも潜水した!という記録が残っているほど。

その代わり陸上は「アシカ科」に比べると苦手です。

前足が発達していない分後ろ足で動かなければいけませんし、

一方「アシカ科」は、水陸両用!

zukan_ki_as_ashika_001

出典元 http://web-aquarium.net/

「アザラシ科」に比べて前足も発達しているので、水の中では前足でも水をかいて移動しますし、陸上でも前足と後ろ足をつかって移動できます。

なので、水に飛び込んでエサを捕まえたり、ひょいっと陸に上がってすいすい移動できたりするのです。

水族館でのアシカとアザラシの見分け方

image1

「アシカとアザラシが違う!っていうのはわかったけど、水族館に行った時どうやって見分ければいいの?」

次はそんな疑問にお答えします!

陸を歩いている時

一番わかりやすいのは、水から上がって陸を歩いている様子です。

【・アシカ科とアザラシ科の違い!】にも書きましたが、アシカ科は前足も発達しているので、陸の上を移動する時は前足で体を支えながら後ろ足を前後に動かしてすいすいと移動できます。

一方、アザラシ科は前足が発達していないので、ちょっとだけ前足を陸につけながら、まるでいもむしが移動するようにしか移動できません。

頭をしっかり持ち上げて前足も後ろ足も使ってる!と思ったらアシカ科、いもむしみたいにずりずりと這って移動している!と思ったらアザラシ科、と覚えると良いでしょう。

次にわかりやすい見分け方は、水の中を泳いでいる時です。

水の中を泳いでいる時

アシカ科は前足が発達しているので、前足でも水をかいて泳ぐことができます。

ちょっと鳥のはばたきに似ている姿です。

一方、アザラシ科は前足が発達していない分、後ろ足を魚のように振って泳ぎます。

水中でも前足を使って泳いでいる!と思ったらアシカ科、魚のように泳いでいる!と思ったらアザラシ科、と覚えておくと見分けやすいでしょう。

しかし上の二つの見分け方は、陸の上や水の中で移動している時にしか使えません。

「じゃあアシカ科とアザラシ科、陸の上でじっとしてる時ってどう見分ければいいの?」

Sponsored Links

じっとしている時

実は、陸の上でじっとしている時でも見分ける方法があるのです!

それは「」!

アシカ科は目の斜め上の方に、ちょこんっと飛び出しているものがあります。

これが耳です。

一方、アザラシ科の耳はアシカ科と同じ所にあるのですが、アシカ科のようにぴょこんっと飛び出した耳たぶはなく、耳の穴があるだけです。

「目の斜め上の方にちょこんっと飛び出してる耳があるのがアシカ科、つるんっとしているのがアザラシ科」

と覚えるのがおススメです!

アシカ科のアシカとオットセイの違い!

image2

アシカ、アザラシと同じような形をしている動物がいます。

それはオットセイ

オットセイはアシカ科に属しています。

「それだと、アシカとオットセイって同じなの?」

かというと、そんなことはありません!

オットセイもアシカ科なので、前足が発達しているのも同じですし、陸の上での移動の仕方、水中での泳ぎ方も同じです。

ですが、アシカと違う所があります。

まず、アシカよりオットセイの方が体は少し小さめです。

そして、アシカはわりとつるっとしていてあまり毛がないように見えるのに対し、オットセイは明らかにアシカより毛深いです。

他にも、耳もアシカより大きい!という特徴があります。

なので、もしアシカとアザラシ、オットセイが一緒にいるところで「どこから見分けたらいいのか・・・」となった時は、

耳がぴょこんっと飛び出しているか

まず、これでアザラシかアシカ・オットセイかの見分けをして、

耳が飛び出している中で、耳の大小は?体の大きさは?毛深いか毛深くないか?

でアシカかオットセイかを見分けることができます!

アシカとアザラシの違いや見分け方、さらにはオットセイとの見分け方について解説してきましたが、どうでしたか?

水族館に行った時はよく観察してみてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)