iFaceの偽物と正規品の見分け方!どこで本物が買える?

見るからに頑丈でiPhoneを守ってくれそうな安心感。

また、シンプルで見た目も良く、カラーバリエーションも豊かでついつい欲しくなってしまったiface。

だけど、どの色にしようか悩んでいると偽物がたくさんある事が発覚

絶対に偽物は買いたくない。

そこで偽物と正規品の見分け方、どこで買えば正規品が手に入るのか徹底的に調べました。

購入しようか悩んでいる方はこれを読んで正規品をGETしましょう。

Sponsored Links

偽物と正規品の見分け方

まず、正規品はケースの右下にifaceのロゴマークがあります。

私のifaceにもしっかりマークがありました。

IMG_2436

次に電磁波遮断ステッカーが貼ってあるか確認します。

本物は下の写真のようなスティッカーが貼ってあって、
IMG_2441
もし、これが下の写真のようなマークでシールになっていると偽物です。

que-14161289799
画像出典元 Yahoo!知恵袋

そして、ifaceを付けたiPhoneが曲がるか確認してみてください。

本物はしっかりとiPhoneを守るためにウレタン素材になっているので曲がりません。

そして、安く作られている偽物は安全性や品質に問題があり、曲がる事があります。

ただ、あまり曲げすぎると壊れる危険があるので、あまり力は入れないようにしてくださいね。

また、偽物の場合は・・・

  • すぐにロゴが剥がれる
  • 6ヶ月間の保証書が入っていない
  • ストラップの穴が2つない
  • 新品なのに安い
  • 並行輸入品

などがあって当てはまっている場合は、偽物の可能性が高くなります。

ただ、実物を見てもこれが本当に正規品なのか分かりづらいと思います。

そんな時はシリアルナンバーを使って正規品か確かめましょう。

シリアルナンバーで最終確認

本物と偽物を見分けるにはこちらのサイト(日本版)でシリアルナンバーを打てば確実に分かります。

日本版のサイト以外に韓国版のサイトがありますが、日本で購入した場合は日本版のサイトで確認するようにしてください。

サイトを開いたら、保証書を出してシリアルナンバーを探してください。(保証書がない場合は確認できません。)

rapture_20160901134016
画像出典元 Hamee公式サイト

シリアルナンバーが分かったら、先ほどのサイトに番号を打ちます。

もし、正規品だった場合は「正規品です」というメッセージが出ると思います。

これで正規品、偽物を簡単に見分けられます。

Sponsored Links

どこで買えば良い?

まだ、ifaceを買っていない人や偽物を買ってしまった人は絶対に正規品を買いたいですよね。

そこで、正規品を必ず買える方法をご紹介します。

まず、メルカリなどのフリマやオークションは偽物が多く出回っています。

ひどいと、写真は正規代理店の正規品の写真を使ったり、正規並行輸入品と本物と見せかけて偽物が送られてくるという事があります。

(並行輸入品は正規と書かれていても偽物の可能性が高いです。)

そして、偽物は正規品の価格より安くなっているため、買ってしまう人がいます。

なので、基本的にフリマやオークションで買うのは控えた方が良いですが、どうしても安いのを買いたいというときは偽物を覚悟して購入するようにしてください。

また、Amazoや楽天でも正規品を売っている出品者はいますが、評価やレビューを見てみると偽物を売っている出品者もいます。

では、どこで買ったら良いの?って思いますよね。

そこで、私のおすすめは正規代理店です。

Hamee(ハミィ)株式会社という会社はifaceの国内総代理店として認められています。

なので、Hamee株式会社が販売しているifaceを買えば必ず正規品がGETできます。

そして、Hamee株式会社は楽天でもAmazonでも販売しています。

ただ、Amazonで買う時には注意が必要です。

商品ページを見てみるとHamee(ハミィ)と書かれていて正規品とありますが、出品者を見ると2人います。

rapture_20160901140748

 

Amzonの場合は同じ商品ページでも複数の人が出品できるため、この商品はHamee株式会社ではない出品者もいます。
 

rapture_20160901141257

もし、こちらの正規代理店ではない出品者で買ってしまうと正規品の可能性もありますが、偽物の可能性もあります。

なので、Amazonで買うときは商品ページだけではなく、下の画像の販売者も見るようにしてください。

rapture_20160901141517

(Hamee株式会社の在庫がなくなると「~が販売し」の部分がHameeではない出品者に変わります。)

また、ネット以外でもHamee株式会社が販売しているifaceが売っています。

大手のお店では偽物を売っている事はほとんどないと思いますが、Hameeが販売しているifaceはパッケージの上の方に大きく

iFace×Hamee

と書いてあります。

ただ、パッケージの変更によって現在では・・・

rapture_20160901142255

左上に小さくHameeと書かれているので間違わないようにしてください。

ちなみに、私はLoftで購入しました。

イトーヨーカドーや家電量販店など探したのですが、ifaceは売っていなくて、たくさんのお店を見て回ってLoftで見つけました。

ロゴが変わっているので注意

最近、ifaceが大きく変わりました。

今まで紹介したの保証書の内容とパッケージの2つでした。

これに加えてカバー本体についているロゴも変わりました。

今までは「iFace first Class | Designed by ACE Degin」でしたが、新しい仕様は「iFace by Hamee」とシンプルになっています。

rapture_20160901185727

昔から持っていた友達のifaceと比べたらロゴが違って偽物だと勘違いしやすいので、間違わないでくださいね。

最後に

ifaceを実際に使ってみて、デメリットなのが大きくて重い事です。

よく電車でスマホを見るのですが、片手で持っているとデカくて重たいので手が疲れてきます。

ただ、しっかりとスマホを守ってくれる感じがして落としても安心でき、色やデザインも豊富です。

もし、購入する場合はしっかりと販売者を確認して偽物を買わないように注意してくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)