じゃんけんの必勝法!?最初はグーではなくパーを出せ!

小中学校の給食のおかわりじゃんけん、クラスの班長や委員会など誰もやりたい人がいない時のじゃんけん。

この世はじゃんけんで人生が大きく変わるといっても過言ではありません。

あの時、じゃんけんに勝っていれば・・・そう思う事も多いと思います。

でも、実はじゃんけんには必勝法があります。

普通に考えて勝てるのは確率的に3分の1と思ってしまいますが、相手の心理を使って勝てる確率を上げることができます。

では、さっそく、じゃんけんをしてみましょう。(画面の前で一緒にじゃんけんしてくださいね。)

最初はグー

じゃんけん

ぽん

fdabd7ef27a80746a6e3d51e7369e512_s

どうでしたか?負けましたか?あいこでしたか?

私が最初にパーを出したのは、ある必勝法をもとに出しました。

この必勝法なら何も考えてない初心者には勝てます。

では、その必勝法について詳しく説明していきます。

Sponsored Links

じゃんけんの必勝法はパー・グー・チョキ

じゃんけんの必勝法はパー・グー・チョキの順番で出すことです。

えっ、なんで?って思いましたよね。

これにはしっかりとした理由があります。

ほとんどの人は最初にグーを出す

じゃんけんの勝ち方を考えたことがない初心者や緊張感のあるじゃんけんの時には相手はグーを出してきます。

これはグーが形を変えずに出せて楽なので、緊張して硬くなっている人や何も考えてない人はグーになります。

そして、グーの次に出てきやすいのがパーです。

チョキは少し複雑で出しにくいので、比較的、楽に出せるパーも出る可能性があります。

なので、最初に出る可能性が高いのはグーとパーになります。

そして、この場合に自分がパーを出せば負けることはありません。

たとえ、相手がグーではなく、パーを出してきてもあいこになります。

なので、じゃんけんの必勝法では必ず初手はパーを出します。

また、さらに勝ちやすくするために「最初はグー、じゃんけん、ぽん」をできるだけ早く言いましょう。

早くいう事で相手が急いで出すので形を変えにくくなり、考える時間も与えません。

なので、最初にグーが出る確率が高くなって勝ちやすくなります。

あいこになったらあいこで負ける手を出す

d08c4f65e984c53a3b58120ddfbc059e_s
では、もし、相手がグーの次に出しやすいパーを出してあいこになったら、次に何を出せば勝てるのか?

それはあいこになった時の手に負ける手を出すことです。

なので、この場合はパーであいこになったので、パーに負けるグーを出します。

グーを出す理由は相手が連続して同じ手を出す確率が低いからです。

そうなると最初にパーを出した相手が次に出すのは、チョキかグーになります。

なので、グーを出せば勝ちかあいこのどちらかになって負けることはありません。

また、相手はあいこになった時に次は今出した手より強い手を出す傾向があります。

パーに勝つのはチョキなので、チョキを出しやすくグーを出せば勝てます。

まとめると、じゃんけんの必勝法は・・・

  • 最初はパーを出す
  • あいこになったらあいこで負ける手を出す

になります。

ただ、じゃんけんするたびに毎回この必勝法を思い出すのは面倒だと思うので、パー・グー・チョキの順番で出すと覚えておけば必勝法にもとづいたじゃんけんができます。

また、この必勝法以外にも私は「〜を出す」と宣言して勝つ確率を上げる方法もあります。

Sponsored Links

出す手を宣言する必勝法

この必勝法では、まず、「私は絶対にグーを出す」といった宣言をします。

そして、ここから心理戦の始まりです。

もし、あなたが相手からグーを出すと宣言されたら何を出しますか?

  • 正直にグーを出してくると考えてパー
  • 相手がパーを出してくると読んでその裏を読みチョキを出すと考えてグー

きっとこの2つを考えると思います。

これで考えると相手はパーとグーの2つしか考えていません。

なので、こちらがパーを出せば勝ちかあいこになります。

もし、パーを出してあいこになってしまった時の次に出す手は先ほどの必勝法を使って、

あいこの時に負ける手を出します。

なので、次はグーを出して、その次はチョキ、パーと出して行きます。

ただ、この方法は相手からの信用を失う可能性があるので使いすぎには注意してくださいね。

大人数で行う時の必勝法

ded119b78bff075372703a9c65df3e73_s

今までは主に1対1を想定してじゃんけんの必勝法を紹介してきましたが、じゃんけんを行う時は大人数の時が多いですよね。

なので、大人数でじゃんけんを行うときの必勝法をご紹介します。

まず、大人数でも1対1を想定した時と同じで形を変えずに楽に出せるグーとパーを出す人が多くなります。

なので、最初はパーを出します。

そして、次の手から問題です。

今まではあいこになったら連続して同じ手は出さない、今出した手より強い手を出す傾向があるので、チョキが多くなると予想してグーを出します。

なので、あいこになったらあいこで負ける手を出すことが必勝法でした。

ただ、たくさんの人数がいる場合は確率的に考えてあいこになります。

グーやパーの人もいれば、チョキの人もいて何を出せば良いか分かりません。

なので、これを出せば絶対に勝つ確率が上がるという方法はありません。

ただ、分からないからと思って、チョキとパーばかり出して相手がチョキとグーばかり出していた場合、負けやすくなります。

なので、同じ手を何回も出したりするのではなく、グー・チョキ・パーの3種類を均等に出すことが大人数で行うときには大切です。

まとめると、大人数の時の必勝法は1対1の必勝法と同じように最初はパー、次はグー・チョキ・パー・・・と出していくことです。

最後に

じゃんけんの必勝法はパー・グー・チョキでした。

また、動体視力が必要ですが、じゃんけんをするときに手の動きを見て変化しそうだったらパーかチョキなので、チョキを出して、変化がなかったらグーなのでパーを出すという必勝法もあります。

ぜひ、何か重要なじゃんけんをする時は今回、ご紹介した必勝法を使ってみてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)